menu

Ayabex

【祝】弟が大学7年生になりました! いっぽう……

うちの弟は、よっぽど勉強が好きみたいです。
今春、大学7年生になることが決まりました。

すっげー。

わたしが半年も我慢できずに逃げ出した、大学という高等教育機関をね、なんと、7年も。
いちばん長い小学校ですら6年間だというのに、7年も。
医学部でもない! 歯学部でも薬学部でもない!
哲学とかいう、こじれた学問を
修士とか博士とかじゃなくて、学士をとるためだけに7年も。

「人生は7年周期」とかいうらしいじゃないですか。
それを丸々1クール、九州の西の果てから東京の西の果てに場所を変えて学びに費やす!
すごい。うちの弟すごい。継続は力なり。
(バ)力なり。

いっぽう、姉のわたしは何を続けて、何を得てきたんだろう。
続けた期間が長い順でいうと、ピアノ、クラシックバレエ、小学校、自衛隊でした。
ちょっと振り返ってみます。


■ ピアノ/7年

幼稚園から習い始めたピアノは役に立ちました。
携帯の着メロを手打ちしていた時代のことです。
耳にしたメロディをなんとなく音階に出力することができたわたしは
バイト先のパスタ屋で女神のような扱いを受けたのです。
ただ、わたしが持っていたのは絶対音感ではなくて相対音感だったので
ハ長調でしか出力できず、どんな物悲しいメロディも単純で能天気な行進曲みたいなものになりました。

着メロが手打ちの時代はすぐに終わりました。
パスタ屋の女神は、バイトリーダーになりました。

■ クラシックバレエ/7年

ピアノと同時期にはじめて同時期に辞めました。

バレエの衣装って、着脱が大変なんですよ。
タイツは必須だし、コルセットのようにずらっと並ぶ背中のホックを
ひとつひとつ外して全裸にならないとトイレに行けない。
発表会前日のリハーサル。
トイレで衣装のホックを外すのに手間取ったわたしは
お友達のナナちゃんとユミコちゃんの目の前で盛大にオシッコをもらしてしまい
翌日、生乾きの衣装で発表会にのぞむことになりました。
それが最後の発表会です。

地元を遠く離れた愛知県で、去年はじめて歯医者に行きました。
ナナちゃんの弟が担当医でした。
25年前、九州の西の果てにあらわれた小さな水たまり。
ナナちゃんの弟には、それを踏んでほしくないので
治療の前には、トイレに行く習慣がつきました。

■ 小学校/6年

お受験(キリッ)をして幼稚園から通ったのですが、
教師がちょっとアレな人で、新聞沙汰になりました。
中学校の教師も新聞沙汰になりました。
理科室で爆発とかもありました。

■ 自衛隊/5年

大学を辞めてプラプラしていたら、23歳くらいでさすがに居心地が悪くなり
合法的に家出する方法を探していた時に思いつき、思いつきのまま入隊しました。

「陸上・海上・航空の中でここがいちばん楽そうだ」という理由で航空自衛隊を選んだら
他の人たちも似たような横着な理由で航空自衛隊を選んでいました。
横着な仲間に囲まれて横着に過ごし
ちょっと横着が過ぎてまた居心地が悪くなったところでバイバイしました。
退職金を元手に、そのまま愛知県を安住の地とすることができました。

同じ組織にいたことのある、やっぱりちょっと横着な面白コメンテーターがどこかの選挙に出馬したせいで、
同じ思想の持ち主なんだろうと誤解を受けることがあり、困っています。

—–

姉のほうの継続は、家出が成功したこと以外は、たいして力になっていませんでした。

4月1日は、君が大学7年生になる日。
その日は、4年続けた仕事を辞める姉が、無職1年生になる日でもあります。

弟よ、進級おめでとう、心からおめでとう。
馬鹿と自意識をこじらせたわたしと君の継続が、いつか力になりますように。

どうせなら8年生までやっちゃえばいいのに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2014年3月
    4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31